座間味島の概要 出典:古座間味ビーチ

座間味島の概要

座間味島について

座間味島の位置出典:座間味島の位置
座間味島の位置

座間味は、沖縄本島に西約40kmの海に点在し、大小20の島々で形成されるケラマ諸島のうち最も北にある有人島です。島南部には「嘉比島」「安慶名敷島」「安室島」といった小さな無人島が点在し、観光客には人気のスポットとなっています。人口は600名程度で、ケラマ諸島の中では渡嘉敷島に次ぐ大きさです。

また、島の大部分が山林に覆われた山がちな土地であるのも特徴で、島内各所には展望台が点在しており、冬になるとケラマ諸島周辺を回遊するクジラを見ようと、多くのホエールウォッチングファンが集まります。

交通の面では、阿嘉島と共同運行されている高速船、フェリーが就航しており、沖縄本島からの日帰り観光も可能となっています。特に沖縄本島とを1時間弱で結ぶ高速船の利便性はとても高く、夏場には多くの観光客で賑わい予約の取れない状況が続くことも多々あるようです。

古座間味ビーチからほど近い安室島出典:古座間味ビーチからほど近い安室島
古座間味ビーチからほど近い安室島

海がきれいなことが当たり前のケラマ諸島。渡嘉敷島や阿嘉島などと比べて座間味島の特徴を挙げるとしたらそれはやはり「無人島渡し」ではないでしょうか。座間味島には周辺に3つもの無人島が点在します。渡し船も頻繁に出ており値段も1000円程度と安く、気軽に無人島ツアーを楽しめるところが座間味島オンリーワンではないでしょうか。

エメラルドグリーンの海を独り占めしたい。座間味島では簡単に叶ってしまう夢です。

座間味島への行き方情報はこちら>>

座間味島の観光名所

古座間味ビーチ出典:古座間味ビーチ
古座間味ビーチ

座間味島の魅力と言えばもちろんその美しい海。サンゴ礁の広がるビーチあり、無人島あり、ダイビングありとマリンレジャーを存分に遊び尽くせます。一番人気の「古座間味ビーチ」は整ったビーチ環境と美しいサンゴ礁がウリ。お子様連れでも安心して楽しめます。また座間味島の特徴である「無人島渡し」もオススメ。「嘉比島(がひじま)」「安慶名敷島(あげなしくじま)」「安室島(あむろじま)」など好きな無人島に好きな時に渡ることが出来ます。座間味島で無人島初体験なんていかがですか。

山がちな座間味島には景色のきれいな展望台もたくさんあります。小さな島なのになんと5箇所もの展望台が島中に点在しているのです。特にオススメなのが「高月山展望台」。古座間味のビーチが一望でき、コバルトブルーに輝く海に癒されること間違いなしです。レンタカーやレンタバイク、もしくは民宿の人に送迎してもらいましょう。もうひとつオススメなのは「女瀬の崎(うなじのさき)展望台」から眺める夕日。東シナ海へと沈む夕日は美しいのひと言。遠くには久米島も見えます。

映画ファンには外せないスポット、それは「マリリンの像」。映画「マリリンに逢いたい」の中で、隣の島阿嘉島から海を泳いで渡ってきたシロの恋人マリリン。彼女はここでシロを待っていたのですね。マリリンはその後交通事故に遭ってしまい命を落としましたが、海の向こう阿嘉島を眺めるマリリンの像からはシロへの深い愛情を感じます。座間味島へお越しの際にはもう一度「マリリンに逢いたい」を見てから来るといいかもしれませんね。

展望台からの眺め出典:展望台からの眺め
展望台からの眺め

シロのいる阿嘉島を見つめるマリリンの像出典:シロのいる阿嘉島を見つめるマリリンの像
シロのいる阿嘉島を見つめるマリリンの像

座間味島の観光名所情報はこちら>>

記載内容の誤りを報告する