沖縄の気候について

沖縄の気温

年間平均気温が20度を超す沖縄は亜熱帯気候のとても暖かい所です。夏には日差しも強くまさに南の島独特の気候を満喫することができます。その一方、周りが海で囲まれていることもあり夏でも日中の最高気温が30度を大きく超えるようなことは少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。あまり知られていませんが、実は夏場の最高気温は福岡や大阪などよりも低いんですよ。年中温暖な過ごしやすい気候ですね。

ところで常夏なイメージの強い沖縄。実は冬には最低気温が15度を切ることも珍しくなく、九州以北の冬に比べれば暖かいことは事実ですがその時期に海水浴をするのはやっぱり無理。「海を楽しめない旅行はちょっと・・・」と思われる方はやはり冬に沖縄旅行をするのはやめ、5月~10月の間に沖縄を訪れることをお勧めします。もちろん、冬の沖縄でもおいしい沖縄料理やのんびりとした沖縄の雰囲気は十分味わえますので海以外の楽しみはたくさんありますが。

そして夏に沖縄の海で泳ぐなら紫外線対策はとっても重要。「よーしっ、真っ黒に日焼けするぞっ」と意気込んでいるあなたも、夜には肌がひりひりして眠れないという悲しい結果に・・・。日焼けをしたくない人はもちろん、したい人も正しい紫外線対策に取り組みましょう。

沖縄の月平均最高・最低気温

結論:いくら亜熱帯の沖縄も冬はやっぱり肌寒い。決して泳げません。海水浴を楽しみたいなら5月~10月の間に遊びに来て下さい。

沖縄の台風

ところで、沖縄に遊びに来られる方の中には台風を心配される方も多いことでしょう。そこで実際にはどの程度の確率で台風が来るのかグラフを使って紹介します。

下のグラフは、例として那覇市に台風が接近する月間平均個数を表したものです。「接近する」とは台風の中心が那覇市から半径300kmの圏内を通過することだと気象庁では定義しています。

このグラフから、一番台風の多い8月にはほぼ1回程度台風が那覇市に近づいていることが分かります。また5月・6月や10月・11月には台風の接近個数もグンと減り、この時期の台風は勢力が夏場に比べて比較的弱いことも考慮に入れると、この時期の旅行で台風を心配する必要はそれほどないようです。

また、台風の最も多い8月には統計上ほぼ1個の台風が毎年来ていることになりますが、ひとつの台風で観光に影響の出る日数は大抵2~3日です。飛行機が欠航するのは1~2日のみでしょう。1ヶ月間31日中2~3日。確率にして10分の1程度で、毎年8月に10回沖縄旅行をすればそのうちの1回は台風で足止めを食らうという確率です。そう考えると台風もそれほど心配する必要はないと思いますが、やはり運次第でしょうか。

そうは言っても、「台風だけにはどうしても当たりたくない」という方は7・8・9月をあなたの沖縄旅行計画から外す必要があるかも知れません。一番のオススメ時期は梅雨明け後の沖縄、ずばり6月末です。もしくは残暑の残る10月上旬。この時期なら天気も良く、台風の心配も少なく、そして十分海水浴も楽しむことが出来ます(さらにツアー料金も安い!!)。問題はその時期に休みを取れるかはどうかですね・・・。

那覇への台風の接近個数

 

沖縄の天気

せっかくの沖縄旅行、やっぱり気になるのは旅行中のお天気です。いつも「雨男、雨女」だと言われても沖縄旅行中だけは晴れてほしいところですよね。そこで統計上分かる「沖縄が比較的晴れてる時期」をご紹介します。

下のグラフは沖縄本島那覇市の月別降水量、日照時間のグラフです。日照時間というのは、例えばある日の那覇市、朝から夕方までずっと晴れていたらその日の 日照時間は「日の出から日の入りまで」の約10~12時間となるわけです。半分曇っていたら5時間程度、一日中曇っていたり雨が降っていたら0時間です。 それを1ヶ月間合計したのが右下のグラフです。(一般的に日の長い夏場が日照時間も長くなりますが、冬場との違いは2割程度です)

まず、左下の降水量グラフを見ていきましょう。特徴的なのはやはり6月と9月の降水量が突出していることです。6月 は梅雨による雨、9月は台風による雨です。台風は7月や8月にも多いのですが、9月の台風が雨をよく降らせるのでこのような数値になっているものと思われ ます。

右下の日照時間グラフからは、沖縄の典型的な天気が一目で分かります。それは「晴天の夏と、曇りがちな冬」。1月・2月の日照時間と7月・8月の日照時 間の間にはにはなんと2倍以上の差があるのです。日照時間が200時間を超えるというのはほぼ毎日晴れを意味します。この時期ならばどんなに「雨男・雨 女」の方でもカンカン照りの沖縄を思う存分満喫することができますね。

沖縄県の月別統計データ

最後に沖縄の梅雨についても少し触れておきます。降水量のグラフでは6月の雨量がとても多くなっていましたが、やはり6月いっぱいは雨ばかり降っているのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。下に示した6月の日別統計データを見て下さい。梅雨明け宣言後の6月下旬にはほとんど雨は降っておらず、日 照時間もうなぎ登りに高くなっているのがよく分かります。同じ6月でもこんなに違うのですね。

沖縄の梅雨は例年5月上旬から6月中旬まで。この時期をうまく外せば天気に恵まれた楽しい沖縄旅行を満喫できると思います。

6月の統計データ

結論:沖縄旅行はやっぱり梅雨明けした初夏から秋まで。6月末から10月の頭が理想的です。特にオススメなのはシーズン前後の6月末と9月末から10月頭にかけて。ツアーも格安です。

このページの記載内容の誤りを報告する